還元率を見るとお得度がわかる

ANA VISAカードの還元率について見ていきましょう。ANA VISAカードでは、1,000円を利用するごとに1ポイント貯まります。また、ステージが前の年度にカードを利用した合計額によって決まるボーナスポイントをもらうことができます。

 

前の年度にカードを利用した合計額が50万円以上、100万円未満の場合には、50万円の利用で50ポイント、50万円以降は10ポイントが10万円ごとに付与されます。100万円以上、300万円未満の場合は、50万円の利用で75ポイント、50万円以降は15ポイントが10万円ごとに付与されます。300万円以上の場合は、50万円の利用で150ポイント、50万円以降は30ポイントが10万円ごとに付与されます。

 

貯めたポイントは、2種類の交換レートがあります。

 

5マイルコースの場合は、交換レートが1ポイントが5マイルになっており、移行手数料は無料です。10マイルコースの場合は、交換レートが1ポイントが10マイルになっており、移行手数料は年間6,300円です。

 

ボーナスポイントの場合は、1ポイントが3マイルで、コースに関係なくこちらは移行手数料が無料になっています。

 

このようなことをベースにマイル還元率を計算すると、通常ポイントの場合は1マイルが2円として換算し、10マイルコースを適用すると、1,000円が10マイルとなり2%のマイル還元率になります。ボーナスポイントの場合は、前の年度にカードを利用した合計額が50万円以上、100万円未満の場合には、100,000円で30マイルとなりマイル還元率は0.06%になり、合計で2.06%となります。
同様に、100万円以上、300万円未満の場合は2.09%、300万円以上の場合は2.18%となります。